秋田市で女性に人気NO1の優しい完全無痛の整体院!

コスモス自然形体院 秋田出張所


腸内フローラ

ネット配信で、衣食住の様々な問題を

専門家にインタビューする形で解説してくれている

番組というか講座を受講しています。

 

内容は、私の興味あるものだと、

食品添加物・血管・リンパ・・・・

 

今月は、腸内フローラについてでした。

腸内フローラとは、腸内に細菌群がびっしりと広がり、

粘液の中でゆらゆらと揺れる様。それは、はまさしく「花畑」。

それがフローラと呼ばれる理由です。


どんなにいいものを食べても、

腸内フローラがきちんと働いてくれなければ

消化吸収が不十分で意味がありません。

 

肥満、アレルギー、糖尿病、生活習慣病、がん、

そしてうつ病などの精神疾患にわたるまで、

腸が鍵を握っているそうです。

 

腸内環境を良くするのは、やはり食べ物。

腸内に住んでいる、

悪玉菌・日和見菌・善玉菌のバランスが大事なのだとか。

砂糖ばっかり摂っていると、悪玉菌が多くなってしまいます。

 

悪玉菌が多いかどうか見分けるのは、

「おなら」と「大便」

くさい、と悪玉菌が多い。

 

いろいろな話の中で、興味を引いたというか、

やっぱりね、と思ったのが次の二つ。

☆食品添加物の中の「保存料」は、細菌の繁殖を

抑えるのが目的。だから、腸内細菌も死んでしまう。

オー、こわいですね。

ついでに言うと、病院で処方される抗生物質でも、

腸内細菌が死んでしまいます。

風邪をひいたからと、安易に抗生物質は飲まない方が良いのです。

 

☆少しぐらいは、ばい菌を食べた方(触れた方)が、免疫力がつく。

特に1歳未満に様々なばい菌に触れておくことが大切。

だから、赤ちゃんは、いろいろなものをなめてばい菌を

身体の中に入れた方がいい。

あまり、無菌状態に置かれると、かえって抵抗力が弱くなる。

食中毒の O157の問題があったとき、

便を調べると、O157の菌を持っていても、発症しない人が

何割かいる。(4割?6割?)

かえって、神経質に手洗いとか消毒しすぎると、

身を守ってくれている常在菌まで死んでしまう。

 

うがい薬でうがいをしていた人の方が、

かえって病原菌を増やしてしまうのだとか。

へえ~~、そうなんですね。

のどで、外敵をやっつけようとしていた

身体の中の(のどの)細菌が、うがい薬で死んでしまい、

外からのばい菌(ウイルス?)がかえって身体の中に

入ってしまうのだそうです。

 

良いことだ、と信じられていたことが、

かえって逆効果だった、なんてことは、よくあることですね。

更新

<< 前の記事 次の記事 >>

コスモス自然形体院 秋田出張所のご案内

住      所:
〒010-1433
秋田市仁井田栄町13-17
アクセス:
秋田市二井田 秋田南高校より車で2分
国道13号線沿いフォーエルより200m
お問い合わせ・ご予約
018-874-8963
営業日:
10:00~21:00
土日祝も毎日営業!
休業日:
不定休
※研修会、年末年始、お盆は休業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ