秋田市で女性に人気NO1の優しい完全無痛の整体院!

コスモス自然形体院 秋田出張所


手首の痛み

手首といわれる部分は手首の関節部分を指し、手関節(てかんせつ)と呼ばれている。
手関節は舟状骨や月状骨といった手の平にある8つの石みたいな小さな骨と、
肘から手首まである橈骨(とうこつ)、尺骨(しゃっこつ)の2つの骨とでできた関節。
手関節には骨と骨をつなぐ靭帯(じんたい)や関節を動かす筋肉や腱(けん)など
さまざまな組織がある。それらの組織に何か異常がある場合に手首の痛みが生じる。
 

自然形体療法では、手首の痛みの原因を主に

(1)筋肉や靱帯の使いすぎによる疲労・緊張・剥離による痛み
(2)手関節を動かすときに、関節がずれ、筋肉や靱帯が無理に引っ張られるための痛み
この痛みを動作転位痛と呼んでいる。手首だけでなく、肘の関節にズレが生じても、
手首が痛くなることがある。
疲労や、可動域以上に動かしてしまった(衝撃があった)場合に、起きやすい
(3)疲労により、手首の靱帯が伸びて回復できなくなり、
橈骨と尺骨が微妙に離れるために生じる痛み


の3つに分類している。

テニスなど、手首を酷使するスポーツ。
仕事で、同じ動作を繰り返し繰り返し行うために、筋肉や靱帯が疲労。
強い衝撃で、手首の可動域以上に動かしてしまった。
手首の持久力・筋力以上の使いすぎ。

このような、スポーツや日常生活で起こる痛みは、ほとんど上記の3つの痛みと考えられる。

自然形体療法の手法により、それぞれの対処法があるので、
ほとんどの場合、回復が期待できる。

 

大工

医学では、手首が痛くなる場合に考えられる病気や怪我には次のようなものがある。

1.狭窄性腱鞘炎(きょうさくせいけんしょうえん)

手の使いすぎで、親指を動かす筋肉につながる腱に負担が加わり、炎症を起こしてしまった状態。
ドケルバン病ともいう。親指の付け根から手首にかけて痛みや腫れがみられる。

2.関節リウマチ

関節にある滑膜(かつまく)という膜が異常に増えてしまい、炎症を起こす病気。
症状が進むと、関節の変形なども生じる。

関節リウマチは指や手首、肘などさまざまな部分で起こる。
手首で生じると動かしにくくなったり、動かした時に痛みやこわばり、腫れがみられる。

自然形体療法では、関節リウマチの原因は、使いすぎによる疲労と考えている。

3.橈骨遠位端(とうこつえんいたん)骨折

転んで手を着いた時によく起こる骨折

4.舟状骨(しゅうじょうこつ)骨折

スポーツや交通事故で手首を強く打った時に起こる骨折。
親指側の手首にある小さな舟状骨と呼ばれる骨が折れた状態。
なかなか痛みが取れない場合は骨折が疑われる

5.ガングリオン

手首の近くの手の甲側にできることが多いこぶ。
女性によく見られる。
こぶが神経を圧迫すると痛むことがある。

6.キーンベック病

月状骨が潰れてしまう病気で、はっきりとした原因はわかっていない。
大工仕事を行う男性に多く見られる。
手首を動かした時に痛みを生じたり、動きにくかったりする。
また腫れもみられ、握力が低下してくることもある。

7.変形性手関節症

骨折などの怪我や関節リウマチ、キーンベック病が生じた後に手関節が変形してしまうことがある。
手首の痛みや動きにくさを感じる

8.三角繊維軟骨複合体(TFCC)損傷

手首を動かしたとき、手首の小指側が痛んだり引っかかった感覚になる。

病院に行って、腱鞘炎とか手首の捻挫、関節リウマチと診断されても、
自然形体療法では、ほとんどの場合、上記の3つが原因と考え、
施術を行っており、回復する例が多い。

 

 

 

コスモス自然形体院 秋田出張所のご案内

住      所:
〒010-1433
秋田市仁井田栄町13-17
アクセス:
秋田市二井田 秋田南高校より車で2分
国道13号線沿いフォーエルより200m
お問い合わせ・ご予約
018-874-8963
営業日:
10:00~21:00
土日祝も毎日営業!
休業日:
不定休
※研修会、年末年始、お盆は休業

メールでのお問い合わせ


ページ上部へ