高3 女子 テニス 手首の痛み

高3 女子 テニス 症状:手首の痛み

平成28年4月半ばごろ(高3の春)から、右手首の小指側が痛い。(ラケットを持つ手)

握ると痛い。ひねると痛い。

ラケットを振っていると、だんだん痛みが激しくなる。かなりの痛みで、もう練習ができなくなるほど。

☆施術とその後の経過

平成28年5月8日 初回
まず、全身、練習のやり過ぎで筋肉が癒着しまくっているので、手脚を中心に、疲労・癒着をとっていく。

手首の痛みは、いくつかの原因が考えられる。

検査したところ、手首の靱帯が伸びて、関節が緩んでしまっている状態。
この場合は、さらしでしっかり固定すると、痛みが無くなるので、テニスも可能。

靭帯が回復するためには、施術を受けて疲労を取ること、日常生活で睡眠をしっかり取るなどの努力が必要。

さらしを巻くと、やはり痛みは無くなった。
この状態で、練習や試合は可能。

手首に関しての施術は、1回で終了。

5月8日の施術で、おどろくほど脚が軽くなったのを実感。

その後、高3のいくつかの最後の大会前、悔いなくテニスをしたい、と3回ほど、来院し、アスリートの疲労回復の施術を受けた。

6月15日の来院では、手首は、もうさらしを巻かなくても痛く無い状態だった。
※効果には、個人差があります。