50代女性 大腿後ろ側の痛み

50代後半 女性 会社員 主訴 大腿後ろ側の痛み

☆施術前の状態
約1年前仕事をやめ、3ヶ月くらいパソコンを習いに行っていた。1日6時間を3ヶ月くらい。
そのころから、左大腿後ろ側が痛かった。(たまに痛い程度)
約1ヶ月前に転職。それから痛みがひどくなった。

床に座っていて、立ち上がる時に痛い。
床に座る時も痛い。
咳をしても響く。
椅子に座っていると楽。
床に座っていても楽。
正座はわりと楽。
斜めに崩していると痛い。
午前中の方が痛い。動かしている方がまし。
草むしりでてきめん痛い。
草むしりをやり過ぎると、夜も痛い。

☆施術とその後の経過
平成28年5月7日 1回目
長時間パソコンで座っているときに痛みが出始めたこと、静止しているときは良いが、動き始めが痛いこと、動かしている方が痛みがましなこと、等から考え、

左股関節周辺の筋肉の癒着が原因で左大腿後ろ側の痛みが出ていると推測。
(経験上、股関節周辺の癒着からお尻や大腿の痛みが発生している場合が非常に多い)

施術は、基幹の型で全身を整え、右下側臥位で左股関節周辺の癒着を
マザーキャットでとっていく。
施術後痛みは軽減。

5月24日 3回目
通院する前よりはだいぶいい。草むしりをすると、痛い。

7月5日 6回目
かなり調子がいい。
草むしりも長時間ぶっ続けではやらず、途中で少し動いたりしているので、痛くない。

ここに通院するようになってから、体重が減ったと喜びの報告も。
本人曰く
「リンパの流れも良くなったのかな?ここ数年体重が少しずつ増えていたので、うれしい。」

施術を受けるようになって、体重が減った、という人はたまにいる。

代謝が良くなり、老廃物が排泄された、とか、ストレッチなど、運動をするようになったことが体重減少につながっていると思われる。

※施術者 小松尚子
※効果には個人差があります。

股関節痛・変形性股関節症について詳しくはこちら

股関節痛・変形性股関節症

  • このエントリーをはてなブックマークに追加