50代 女性 腰痛

50代 女性 事務 主訴 腰痛

☆施術前の状態
来院当日の朝から急に腰が痛くなった。だまっていても痛い、動かすとさらに痛い。
歩くのもやっと……かなり大変そう。

☆施術とその後の経過
平成28年6月12日 1回目
痛みのせいなのか全身がガチガチに緊張している。呼吸も浅い。左の腰まわりが特に硬くなっている。

施術は、伏臥位から基幹の型に沿って進め、MCやMCCも使って全身の緊張をとっていく。
仰臥位になってもらって椎間板牽引法を試みたが、膝を持ち上げたところで痛いというので別の手法に切り替えた。

仰臥位での足首回しや爪先捻転法、五指捻転法など、なるべく痛みが出ないような手法で全身の緊張をとって終了。

施術後、患者さんは「来たときとは全然違う」と変化を感じ、それから1週間以内に2回来て、普通に歩いても痛くないレベルまで回復した。

その後も回を重ねるごとに順調に症状が軽くなり、最初の施術から2ヶ月後には「今はほとんど痛くない」とのことでした。

☆考察
この患者さんの場合、通院して1ヶ月たった頃にMC付頚椎枕の「MCカバー」を購入し、それをベッドやソファー、車の座席、職場のイスなどに敷いて、普段から腰の疲労をとっていた。

ただ施術を受けるだけでなく、自分でやれることはやるという姿勢が
順調な回復につながったのかもしれませんね。

※施術者 伊藤拓哉
※効果には個人差があります。

腰痛について詳しくはこちら

腰痛

腰痛に関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加