小5 男子 テニス オスグッド

小5 男子 テニス 主訴 膝の痛み(オスグッド)

☆施術前の状態
右膝が平成28年5月頃から痛くて、整形外科や整骨院で電気をかけた
り酸素カプセルに入ったりしていたが、まったく改善せず。

10月27日にテニスをやっていたところ、右膝から「ブチッ」と音がした。
その後、練習はしていない。
普段の生活について質問したところ、
「睡眠時間は5~6時間。練習は1日あたり2~3時間。土曜日は多いときで6時間」
とのことでした。

☆施術とその後の経過
平成28年10月30日 1回目
脛骨粗面に圧痛あり。
イスに座ったりイスから立ち上がったりは大丈夫だが、右膝を90度以上深く曲げると痛い。

施術は、基幹の型に沿って全身のバランスを整え、MCやMCCで緊張をとっていきます。
自然形体療法ではオスグッドの改善手法が確立されていますので、それに従って施術していきます。

施術後、痛いながらも正座ができるようになりました。最後に睡眠、入浴についてアドバイスして終了。

この患者さんはその後2回施術を受けて、正座をしても痛くない、しゃがんでも痛くないレベルまで回復しました。

☆考察
最初の施術後から睡眠時間を8時間に延ばして、シャワーではなくお風呂に入ることを徹底してもらったので、こちらもびっくりするくらいの早期回復(約1週間)となりました。

人間の自然治癒力ってすごい!

※施術者 伊藤拓哉
※効果には、個人差があります。

オスグッドについて詳しくはこちら

オスグッド

オスグッドに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加