小5 女子 バレーボール オスグッド

小学5年 女子 バレーボール 主訴 両膝 オスグッド

☆施術前の状態
3週間ぐらい前から、両膝が痛くなった。
病院でオスグッド病と診断された。

痛いところは、膝下の骨がちょっと出ているところ。(脛骨粗面)
走ると痛い。(走り始めから痛い)
ジャンプの着地で痛い。
深く曲げると(体重をかけていなくても)痛い。
練習のとき、だまって立って見学しているだけでも痛いので、
今は完全に練習を休んでいる。
左右とも圧痛がある。(触れば痛い)左の方がひどい。

☆施術とその後の経過
平成27年5月10日 1回目
全身の歪みの調整。
全身の疲労を取る。特に脚全体の癒着を取っていく。
膝の動作法など、オスグッドの施術。

右の圧痛は無くなった。左の圧痛は軽くなった。
施術前より、深く曲がるようになった。

すごく身体が固い。
ストレッチなど指導。
ストレッチの効果など、丁寧に解説。

5月24日 2回目
正座できるようになった。

6月14日 3回目
左の圧痛が完全になくなった。
右の痛みは、ほとんどない。

6月21日 4回目
ゆっくり膝に負担をかける状態でしゃがんでも痛みが出ないくらい回復。

様子を見ながら、少しずつ練習復帰しても大丈夫。

☆考察
ストレッチ・お風呂など、自分でできることを実践。
通院の間隔がちょっと長く、順調に回復できるか心配なところもあったが、
順調に回復した。
(できれば、1週間に一度の通院がお勧め)

身体が固く、膝にかかる負担も大きいので、
ストレッチは、痛みが無くなったあとも、継続して続けることを指導して、
終了。

オスグッドについて詳しくはこちら

オスグッド

オスグッドに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加