自分で回復力を高める方法

・睡眠をしっかりとる。
寝ないと傷ついた靱帯の修復ができません。睡眠時間を確保することは非常に大切です。

小学生なら、9~10時間。
中学生でも、8~9時間
高校生以上なら8時間

何度も言っていますが、オスグッドは膝蓋靱帯の剥離です。その傷ついた靱帯は睡眠中に修復されます。

睡眠時間が足りないと、修復が十分にできません。
オスグッドで来院する子供さんたちのほとんどは、睡眠時間が足りません。

・筋肉の疲労をとる
筋肉の疲労をとる、というのは、筋肉の中の疲労物質を出してやる、ということです。
膝に負担のかかるスポーツをやっていますから、膝周辺には疲労物質がたくさん発生してたまっています。

要するに、汚れがたまっている、という感じです。

その方法のひとつとして、

・お風呂にゆっくり入る
お風呂に入ると、血流が良くなり、疲労物質が血管にどんどん流れていきます。
首までつかって、ゆっくり入ることが大事です。

39℃~40℃のお湯に最低10分。できれば、15~20分は首までつかりましょう。身体の中まであたたまります。

早く治したければ、1日に2度入ることをお勧めします。お風呂は疲労回復のために、非常に有効な方法です。

そして、お風呂上がりに冷たいタオルで身体を拭くことを強くお勧めします。汗腺が閉じて熱がこもるために、暖かい状態が長持ちし、お風呂の効果が倍増します。
湯冷めしにくくなります。

シャワーではなく、お風呂です。

もうひとつ大事なのが
・ストレッチをやる ことです。
ストレッチをやる、というのは、筋肉を伸ばすことで筋肉内の疲労物質を流し出しているのです。

疲労をとるうえで、非常に大切です。

ストレッチといっても、いろいろなやり方がありますね。
コスモス自然形体院では、とても効果的なストレッチを指導しています。

睡眠・お風呂・ストレッチ で、かなり筋肉の疲労がとれ、回復力が高まります。
施術をうけなくても、これだけでもかなり回復力が増すでしょう

回復力が増せば、身体には自分で治す力が備わっているのです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加