60代男性 太もも前側の緊張

60代前半 男性 主訴 夜中に太ももの前側が緊張してくる

☆施術前の状態
約半年前から、両脚の付け根から太ももの前側が痛い。
夜、寝ていると、だんだん緊張してくるような、固くなるような、
引っ張られるような痛み。
最初の1ヵ月は眠れないほど。
じっと座っていると痛くないが、
立ち上がって歩き始めが痛い
10分ほど痛みが続く。(歩き方が変)
歩いているとだんだん和らぐ。

☆施術とその後の経過
平成29年4月24日 1回目
全身の疲労をとり、特に太もも前側の血流がよくなるように施術。
最初の2回は、あまり変化なし。

5月13日 3回目
痛みの原因として、血流が悪くて細胞がつぶれている可能性があると考え
血流を良くすることと、つぶれた細胞を起こす施術を行った。

その後、少しずつ変化あり。

5月18日 4回目
3割良くなった。(本人の話)

5月26日 5回目
だいぶいい。
7~8割良くなった。

6月10日 7回目
歩き始めの痛みは、ほとんどない。
夜、まだ、太もも前側が緊張してくる。

6月23日 9回目
夜、太もも前側の緊張は、気にならないくらいになってきた。

毎日ウオーキングをしているが、
歩幅が広がり、すたすたと歩けるようになってきた。

☆考察
なぜ、夜中に太もも前側が緊張してくるのか、
原因は特定できないが、血流の改善をしていく中で
この症状が、だんだん和らいできた。

本人も、ウオーキングなど、身体を動かし血流をよくする努力を
したことで、順調に回復してきたと思われる。

※施術者 小松尚子
※ 効果には、個人差があります。

非公開: 脚の痛みについて詳しくはこちら

非公開: 脚の痛み

非公開: 脚の痛みに関する関連記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加